R1-Zの魅力は6000回転からのジャジャ馬加速

ツーサイクル

R1-Zの魅力は6000回転からのジャジャ馬加速
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

YAMAHA R1-Z

メーカー ヤマハ
エンジンタイプ 2サイクル・水冷・クランク室リードバルブ
モデル名 R1-Z エンジン始動方式 キック
タイプ・グレード - 最高出力 40ps(29.4kw)/8500rpm
動力方式 - 最大トルク 3.4kg・m(33.3N・m)/7500rpm
型式 3XC 車体重量(乾燥重量) 134kg
排気量 249cc 車体重量(装備重量) 153(概算値)kg
発売開始年 1996年 パワーウエイトレシオ 3.4kg/PS
燃料消費率 34.0 km/L ( 50 km/h走行時) 全長・全高・全幅 2005mm × 1040mm × 700mm
燃料タンク容量 16.0リットル シート高 775mm
航続可能距離 544.0km(概算値) フロントタイヤサイズ 110/70R17 54H
燃料供給方式 キャブレター リアタイヤサイズ 140/70R17 66H

R1-Z (アールワンズィー)とは、

1990年にヤマハ発動機が発売した2ストロークエンジンを搭載するネイキッド型オートバイである。
名前の由来は、ヤマハ2ストローク車の名車RZ250と国道1号の名を掛け合わせたものである。本来はRZ-1と名乗るべきだったのだろうが、日産自動車にサニーRZ-1が商標登録されていたためR1-Zとなったという説がある。「アールワンズィー」という読み方は当時のカタログにも掲載されていた。

出典 http://ja.wikipedia.org

概要

ライバル機種は2ストローク2気筒250ccロードスポーツや4ストローク4気筒400ccロードスポーツ。R1-ZはNSR250R(ホンダ)、RGV250Γ(スズキ)などのレーサーレプリカとは明らかに異なる味付けがなされている。当時の2サイクルロードスポーツ車はレーサーレプリカタイプが主流で、高出力を追求したメッキシリンダー採用のV型エンジンを、軽量高剛性なアルミ合金製のフレームに搭載した車種がほとんどであった。対して、R1-ZはTZR250(1KT)と共通の鉄スリーブのパラレルツインエンジンをリセッティングし、フレームもスイングアームもスチール製のトラス構造である。初代TZR250(1KT)と同系のエンジンを搭載するが、細部には変更が加えられている。
2気筒分のサイレンサーが右側に設置されているなどの個性的なスタイルに加え、ヤマハ伝統の2ストロークパラレルツインエンジンが生み出す、絶対的な速さよりもライディングプレジャーを前面に押し出した加速特性が、先鋭化し過ぎた当時のレーサーレプリカをためらうユーザーを惹きつけた。1990年代に環境問題で2ストロークエンジンを搭載したモデルが次々に生産中止となるなか、R1-Zはマイナーチェンジを経て生産が続けられ、日本のバイクメーカーが2ストローク250ccバイクの生産販売を一斉に取り止める1999年まで新車販売されていた。
マイナーチェンジの内容は、馬力規制に伴ったCDIの変更、ハザードランプスイッチの追加、フレーム補強、ラジアルタイヤの採用、サスペンションの改良、シート形状の改良、ステップの振動対策のためのウエイト追加などが挙げられる。ちなみにセルスターターは装備されなかった。
構成部品はFZRなど他車種との部品共有が多く、RZのように全ての部品が専用設計であったわけではない。エンジンはTZR初期型と同型ではあるが、キャブレター口径を28mm→26mmへサイズダウン、点火時期の変更、ミッションギヤレシオや2次減速比を低速に設定したことなどにより、街中での扱いやすさが考慮されている。
2ストロークパラレルツインの「ヤマハRシリーズ」はR1から始まり、R2、R3、RX、RD、RZと続き、R1-Zで終わった。

出典 http://

ユーゾーチャンバーの快音を聴いてみて

R1-Zの中古相場
 25万円~65万円

エンジン焼き付き転倒

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ